MOMENT

成都の中心部に位置するSino-Ocean Taikoo Li Chengduは、敷地内にある6つの伝統的な中庭と建物を保存・復元し、1600年以上の歴史を持つ大慈寺(Daci Temple)を取り巻くように低層で建造された、活気と情緒が入り交じる魅惑的な複合施設である。歴史の深みを纏ったこのロケーションを敬い、土地と店舗が影響を及ぼし合うような空間づくりが互いの個性を明確に浮かび上がらせて、来店者に豊かな体験をもたらしてくれると考えた。成都は遥か昔、良質な土が採取される焼物の産地であり、当時から様々な建造物に多用された、建材としての焼物(煉瓦)に着目した。役目を終えて解体された古い建物から古磚と呼ばれる侘びた煉瓦を採集し、店舗の主たる素材として再利用した。ガラス張りの開放的な外観を一旦遮蔽するように煉瓦で覆い、所々に開けた穴で内外(土地と店舗)をつなぎ直す。不揃いな煉瓦はそのままに、ガラスの囲いを宙吊りにして、商品を浮遊させるように並べた。時間が切り取られたように、煉瓦の開口部から四川様式による建築群の断片が見える。そこに侘びた煉瓦、平滑なガラス、先端技術による商品が重なり、渾然一体となって土地の歴史とイッセイミヤケのコンテンポラリーの融合を図っている。他にも、煉瓦に潜み明滅する照明器具や、現代的な解釈で製作した行灯を洗練された設えの階段室にあしらうなど、新旧の文脈を織り交ぜ、歴史をひと繋がりに感じさせる仕立てによって、ここでしか味わえない体験をつくりだした。

BAO BAO ISSEY MIYAKE Chengdu

2022
クライアント : 株式会社イッセイミヤケ
写真 : Jonathan Leijonhufvud